首しわ解消マッサージでしわを取る方法
スポンサードリンク

美容整形で解消

ボトックス注射による首のしわ治療




ボトックス注射は、「ボトックス」をしわが気になる部分に直接注射するというしわ治療です。「ボトックス」というのは、ボツリヌス菌毒素から抽出した成分です。「ボツリヌス菌」というと、すぐに食中毒を思い浮かべ、「えぇぇ!?そんなものを体に入れて大丈夫なの??」と思うかもしれませんが、筋肉の収縮を抑制する作用を持っており、医学的に正しい量を使用すれば、しわの治療や小顔効果のエラとり、わきが治療、ふくらはぎを細くするなどの効果を得られます。

しわ治療に関しては、ヒアルロン酸注入よりもリーズナブルで、適応範囲がとても広く、施術時間も数分から長くても1時間程度と短いので人気があります。美容クリニックでは、かなり一般的に行われています。

ボトックス注射は、筋肉の収縮によってできるしわに対してのみ効力を持っています。ですから、筋肉の働き以外のしわを取りたいという人は、ヒアルロン酸を注入する必要があるということです。 しわの場合には、を広く覆っている「広頚筋」という筋肉が収縮することによってしわができます。そこで、その広頚筋にボトックスを注射することでしわが抑えられます。しかし既に深いしわが定着してしまっている場合は、ヒアルロン酸の注入も併用します。

ボトックス注射の問題点は、効果が数ヶ月で消えてしまうという点です。しかしこれは、考えようによっては、メリットでもあります。つまり、注射をした後、結果が気に入らなくても、数ヶ月にはまた元に戻るわけですからやり直しが利くのです。ですから、「試しにやってみる」という感覚でトライすることができるのです。気になる人は一度美容クリニックを訪れて相談してみるとよいでしょう。


美容整形で解消

首のしわ取り手術




しわがあるといくら美しく顔を化粧していても、色が白くても、年齢はごまかせません。「を見れば実際の年齢がわかる」と言われるぐらい、老化が表れやすいのがです。

比較的浅いしわなら化粧品やマッサージ、エクササイズで軽減できますが、深く刻み込まれたしわとなると、外科的治療を行わないと劇的な効果は得られません。

しわや、頬・目尻のたれ下がりを取り除く手術を「フェイスリフト」と呼んでいます。しわとり手術は、皮膚の余分なたるみを筋膜ごと引き上げて、余った皮膚を切り取り、縫い合わせる手術です。メスを入れるのは髪の毛の中や耳の付け根あたりですので、傷跡は目立ちません。

しわを取ると、5〜10歳は若返ります。この手術は、しわと同時に法令線(鼻の横から口に伸びるしわ)を消す事にもなり、頬のたるみも解消でき、全体的にすっきりとした小顔になれます。

ただし、「手術」ですので、術後は痛みますし、人によっては3週間ほど腫れが続きます。左右のバランスが崩れることもあったり、失敗例がないわけではありません。ネットや口コミ、あるいは自分でいくつもの病院を訪れてみるなどして、病院と医師選びは慎重に行い、よく納得のいった状態で手術を受けてください。

美容整形で解消

実際にエステで行われている首のしわ&たるみ解消施術





や肩は常に重い頭を支えているので血行が悪くなりやすく、こりやすいです。デコルテから顔へのリンパの流れをスムーズにすると、コリが解消されるのはもちろん、肌に透明感が出てしわやたるみも改善されます。

エステサロンでも行われているこの施術をあなたもマスターしてしわがなくハリのある美しいのラインを手に入れましょう!!
ますはリラックスして、ゆっくりとした呼吸を行うことから始まります。

@ 4本の指で鎖骨の上を優しくゆっくり3回押します
A 同じく4本の指での後ろを大きな円を描くように揉みほぐします。このとき、右側は左手で、左側は右手で行ってください。この方が力が入れやすいからです。でも力を入れすぎないように、気持ちよいと感じる程度の力にしておいてくださいね。これを左右3回ずつ行います。
B の後ろのつけ根と肩甲骨の間を、人さし指と中指の腹で小さな円を描くように揉みます。これも右側は左手で、左側は右手で行います。(左右3回ずつ)
C あごを上げ、4本の指で大きな円を描くように筋を揉みます。これまた右のの前側は左手で、左のの前側は右手で。ゆっくり3回行ってください。
D 4本の指で大きな円を描くように鎖骨を揉みます。これも左右逆の手で3回ずつです。
E 最後にDのマッサージでほぐれた老廃物をわきの下のリンパ節に流すようにマッサージします。(左右3回)

美容整形で解消

美容整形での首のしわ治療




しわが気になっても、メスを入れる手術にはまだちょっと踏み切れない、と言う方に、美容整形では昨今、「プチ整形」というものがあります。

医院によって呼び名は違うこともありますが、メスを入れないでフェイスリフトをするフェザーリフト、サーマクール、フォトRF、ポラリスなどがあります。入院も必要ありませんので、しわが気になり始めた人は医院を訪れてカウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。以下に簡単な説明をしておきます。

●フェザーリフト
「ワプトス」や「アプトス」、「ダブルトーシス」などと呼ばれる特殊なポリプロピレン製の糸を用いて皮下組織に糸を通し、顔やのたるんでいる部分を引っ張り上げる方法です。傷跡は残らず、翌日から洗顔もメイクも可能です。

●サーマクール
新しい治療法です。サーマクールは高周波であるラジオ波を用いた装置で、レーザー機よりも長い波長を持っています。緩んでしまった皮膚奥深くの真皮や筋肉層にダイレクトに働きかけ、細胞を活性化させることができます。

●ポラリス照射
高周波とダイオードレーザーを組み合わせた光を照射し、電気エネルギーを皮膚の深い部分に与え、一度細胞を破壊することにより、コラーゲン生成を促し、ハリを蘇らせます。照射直後から顔全体が引きしまってきます。表皮にダメージを与えることなく、ピンポイントで真皮層を刺激します。

●IPL(フォトフェイシャル)
IPL(Intense Pulsed Light)という特殊な光を肌に当てることによって、肌全体の新陳代謝を高め若返らせます。この光線は刺激が少なく肌に優しいため、施術してから回復するまでの時間が短く、施術後はすぐにメイクが可能です。

美容整形で解消

病院での首のしわ治療





深くなってしまったしわ解消するには美容外科などの病院での外科的治療が最も即効性があります。病院で行われている手術は一般的に「フェイスリフト」と呼ばれています。これは、髪の生え際や耳の後ろなどの目立たないところにメスを入れ、たるんだ皮膚や筋肉組織を一気に引っ張り上げて固定し、余った皮膚を切除して縫い合わせる方法です。手術に要する時間は、2〜3時間です。

メスを入れるフェイスリフトはたるみやしわが驚くほどきれいに無くなりますが、リスクが高いです。入院はいりませんが、人によってはかなり腫れます。腫れが引くまでには早い人で1週間。遅い人では3週間くらいかかります。人前に出る仕事の方は手術を受ける日をよく考えたほうがいいです。

また、未熟な医師に施術されると正常な筋肉の配列が狂い、かえって前より頬が垂れ下がってしまうという、大きな失敗の原因になります。ネットなどでその医師の経歴を調べ、ある程度の臨床経験のある医師を選びましょう。は特に大切な神経やリンパが通っているところですから施術を受ける病院と医師は慎重に選びたいですね。

近年ではメスを入れないフェイスリフトとして特殊な糸を使って引き上げる治療や、特殊な光を当てて組織を活性化する治療も盛んに行なわれています。

糸で引き上げる治療は体内で溶けてなくなるものと体内に残るものの2種に分かれます。もちろん、溶けてなくなるほうの費用のほうが高いです。どちらもメスを入れないので、傷跡もほとんどなく、腫れることもなく、翌日から洗顔や化粧も可能です。ただ、3〜5年ほどで効果がなくなってくるのが難点です。

フェイスリフトの料金は病院によってまちまちですが、50万〜100万円くらいです。高ければいいというものでもないし、安いから必ずヘタというわけでもありません。医師の経歴や経験者の口コミを調べて確認しましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。