首しわ解消マッサージでしわを取る方法
スポンサードリンク

おでこのしわ原因

首のしわを取るための日々の心得




しわがあるとそれだけで老けて見えてしまいます。自分では気付きにくいですが、人からは意外と見えているものです。しわ解消して、美しくつややかなを目指しましょう!

しわは、「クセジワ」と「大ジワ」に大別できます。

まず、「クセジワ」は普段の生活習慣によってできるものです。猫背などの悪い姿勢が主な原因です。悪い癖は即刻改めましょう。また、高い枕で寝るのもしわの原因になります。グっとが押さわって、その部分に横線が刻まれるのです。寝るときは低い枕を使い、よりも頭が下にくるような姿勢で寝ましょう。そのほうが息もしやすいですしね。

しわ解消には、指を使ってをマッサージしても効果的です。人差し指か親指で、あごの輪郭に沿って、下から上に向かって指圧するようにマッサージします。次に鎖骨に向かって上から下にリンパを流すようにマッサージ。耳のすぐ下のへこんだ部分(耳下腺)から鎖骨に向かうこのラインには、しわに効くツボがあり、リンパの通り道でもあるので、ここをマッサージすることによってリンパの流れがスムーズになります。

さらに、鎖骨部分を内から外へなぞるようにマッサージします。お風呂上りにクリームをつけるときに、顔だけでなく鎖骨まで範囲を広げてください。いつもより範囲をちょっと広げるだけでしわ解消につながるマッサージになります。

一方、「大ジワ」の原因は、ズバリ紫外線や加齢によるものです。加齢を止めることは不可能ですが、紫外線の予防をすることは可能です。UVケアは夏だけではなく一年中やってください。いつでもどこでもどんなときでも日焼け止めを塗り、外出時は帽子or日傘必須!なるべく紫外線に肌をさらさない習慣をつけましょう。


おでこのしわ原因

深くなってしまった首のしわ対策




深くなってしまったしわについては、美容整形による手術がもっとも確実に効果が表れる方法です。ただ、注意しておいて頂きたいのは、線状のしわが何本かあるだけで、たるみがほとんど無い場合は過剰な治療法になってしまいます。は神経やリンパが集まる大切な場所ですからできるだけ慎重になりたいですね。

線が入っているだけのしわの場合はコラーゲンやボトックスを注射する方法が効果的です。しかし、どうしても注射する範囲が広くなり、従って費用もかさむのが難点です。また、レーザーを当てて皮膚の新陳代謝を促進させてしわを取る方法もあります。これは肌質も改善されますので、美肌の面においても効果を実感できます。

ただ、美容外科に頼るのはかなり年齢を重ねてからでもいいと思います。すぐにプロの施術に頼るのではなくて、まずは自分での筋肉の運動をすることをお勧めします。普段使わない筋肉を鍛えることによってしわ解消されます。

しわの原因は、加齢によるものもありますが、紫外線が大きく影響しています。曇りの日も雨の日も、外にいても内にいても、いつでもどこでもUVカットを徹底しましょう。毎日日焼け止めクリームをつけてください。「若い頃に既にたくさん紫外線を浴びてしまったからもう遅いわ…」と諦めてしまうのは早すぎます。過去の過ちは今ごろ悔やんでも仕方がありません。思い立ったときから、今から、万全な対策をすればいいのです。紫外線クリームのほかに、化粧水を惜しまずたっぷり使ったり、メラニン対策の美容液をつけたりするだけで、皮膚はかなり潤いを取り戻します。今できることを少しずつでもいいからやっていきましょう。

また、ホルモンの減少もしわの要因です。女性は40代から徐々に卵巣機能が衰え、卵胞ホルモンの分泌量が急激に減るために、コラーゲンの生成も減り、肌の弾力が失われてしわができます。年をとるとたるみもプラスされてしわがより深く見えてしまいます。でも安心してください。ホルモンは食事から補えます。山芋や大豆を多く摂るようにしてください。

それから、様々なことに関心を持つ、運動する、アロマテラピーなどで心身ともにリラックスする、恋をする、感動するなどの行為も卵胞ホルモンの分泌を促す働きをします。これらの共通ワードは「わくわくドキドキ」です。日常生活に活気があると、自然とホルモンの分泌が促進され、しわ解消されていきます。

世の奥様方、なにも不倫しろ、と言っているのではありませんよ(笑)。かっこいい映画俳優にドキドキしてもいいですし、美しい花を見て「ああ、キレイ…」と感動してもいいです。いくつになっても「わくわくドキドキ」を忘れず、永遠の乙女でいてください。

おでこのしわ原因

顔のたるみと首のしわ




「女性の年齢はしわを見ればわかる」とまで言われるほど、しわは重要なところです。いろいろなところにしわはできますが、その中でも女性が1番気にしている場所はが圧倒的です。

しわができる原因は、ズバリ肌のたるみです。頭皮を含めた顔全体の筋肉が衰え、皮膚を支えきれなくなって下に下がってしまうのです。ズルズルと下がっていった皮膚が最終的にに達します。そのたるみが、しわを作ってしまったり、またを太くしてしまう原因になるのです。

要するに、顔にたるみができないようにケアすれば、にもしわができることはない、ということです。                                                                                

しわ対策には、だけの皮膚や筋肉をマッサージするだけではなく、頭皮を含む顔全体のたるみ防止マッサージをしなくては意味がありません。人間の皮膚は1枚でできているのですから、全体を意識した対策が必要です。

おでこのしわ原因

首のしわと枕の関係




固くて高い枕で、あごが押さわるような仰向けの姿勢で寝る人はしわができやすいと言われています。自分のと頭の曲線に合った枕を使うだけでしわを予防することができます。しわのない美しいを保つためには、頭部がの下にきて安定する枕を選び、仰向けで寝たときにあごを突き出すような姿勢で寝るとしわができにくいです。いっそのこと、枕を使わなくでもいいです。うつ伏せで寝るのは、しわには良いかもしれませんが、どちらか片方に頭を向けて寝ざるを得ず、の筋が痛くなるので私は嫌いです。

今使っている枕を急に変えるとなかなか寝付けなくなる可能性もありますので、新しい枕を買ったらタオルを敷くなどして前の枕と同じ高さからだんだんと低くしていけばよいでしょう。

正しい姿勢で寝られる枕の高さは、一般的に6cm〜8cmです。人によって最適な高さは異なるので、お店で実際に枕を敷いて寝て見て、自分に一番合う高さを見つけてください。頚椎の自然なカーブを維持して正しい姿勢を保てる枕を使うと、しわ予防だけでなく快適で良質な睡眠を得ることができます。

高くて硬い枕を使ったからといって誰もがしわができるわけではなく、しわができやすい人とできにくい人がいます。できやすい人は寝る前ににしっかりクリームを塗り、タオルを巻いて乾燥を防ぐなど、枕プラスαの工夫が必要です。

おでこのしわ原因

自分でできる首のしわ予防




「どんなに顔を美しく化粧でカバーしていてもを見れば年齢が分かる」と言われ、女性にとっては大きな悩みです。アンチエイジング界においてしわ解消は永遠のテーマです。

しわは一瞬にしてできたものではなく、長年の積み重ねでできてしまったものです。長年かかって作られたしわを一瞬にしてなくす方法なんてありません。毎日毎日少しずつでもコツコツケアを続けることがしわのないへの唯一の道です。

しわ予防のケアは難しいことはありません。自宅で簡単にできますのでぜひやってみてください。

まず、お風呂でできるしわケアとしては、温めた蒸しタオルをに巻きつけて半身浴する、というのがあります。これだけでたくさんの汗をかきます。乾燥していたに潤いが戻り、デトックス効果で老廃物を排出することもできるので、少しずつしわやたるみが改善されていきます。

また、しわは加齢や紫外線による老化が原因でもあるので、顔や腕のお手入れと同じように、にも徹底したUV対策が必要です。

肌の新陳代謝を上げるマッサージも有効です。下から上へ、たるみを持ち上げるようにマッサージします。マッサージはだけでも効果は出ますが、頭皮から顔、、デコルテという全体に及ぶマッサージをすると断然効果が違います。人間の体は皮膚一枚で全てがつながっています。頭皮や顔のたるみからのたるみもできていきます。そしてそれがやがてしわとなって深く刻まれていくのです。ですから部分部分だけでなく、全体的なケアがとても大切なのです。

あと注意することは、日常生活で姿勢をよくすることです。前かがみでが押さわった状態をずっと続けているとそこにしわができます。下を向くデスクワークが続く人などは、必ずを伸ばすストレッチをしてください。頭の形に合わない枕を使うことも避けてください。

美容整形で施術を受ければ速攻で効果が出ますが、は様々な神経が集まった、人体でもっとも大切な部分のひとつです。そんなところにメスやハリを入れるのは誰でも抵抗があるでしょう?それに、美容整形の効果は半年〜1年しか持ちません。

何度も高いお金を払わなければならない美容整形に頼るより、自分で自宅でできる毎日のケアを大切にしてください。ただ、時間はかかりますよ。それは覚悟してくださいね。美しいを目指して日々努力、頑張りましょう!!

おでこのしわ原因

首のしわとたるみを取るストレッチ&指圧




まわりは全身の神経やリンパが集まるところです。この部分の筋肉をほぐし、全身の疲労を洗い流すようなイメージでゆっくりリラックスしてストレッチ&指圧すると、しわ伸ばしに効果的です。

おすすめするのはを動かすストレッチです。まず、筋肉をリラックスさせてください。そして志村けんの「アイ〜ン」のイメージで、あごを突き出してを左右に動かします。次に上下。さらに左上から右下、左下から右上と、斜めにも動かしましょう。これらをゆっくり4回ずつ行います。こうやってまんべんなく全方向にを動かすことでまわりの皮膚が伸び、凝り固まった筋肉もほぐされて、老廃物が流れていきます。

それから、あごの指圧もしわやたるみ解消になります。両手の親指の腹をあごの下に当ててください。そしてあごの下の骨に沿って耳の下までゆっくり3往復ほど指圧します。そして残り4本の指の腹を使って筋から鎖骨を軽くプッシュしていきます。老廃物を押し出しながら筋肉をほぐすイメージを描いてください。このように“意識してイメージする”ことが効果にかなり影響します。自分の手の感触を感じながら、1点1点丁寧に行ってください。ただ指圧は痛いほどの力を入れてはいけませんよ。気持ちいい程度の軽い力でやってください。

これらの動きをすることで、老廃物が流れてフェイスラインがすっきりします。続けることでしわやたるみがなくなってきます。とにかく1回では何も変わりません。少しずつでも続けることが大切です。

おでこのしわ原因

首のしわを取る方法




は皮膚が薄くてデリケートなのに、いつも外にさらされていて刺激を受けやすく、しわができやすい場所です。自分では見えにくいけれど人からはけっこう見えているという厄介なものでもあります。しわがあるだけでかなり老けて見えてしまうので、しわを気にしている女性は多いです。

しわを取るには、日々の顔のお手入れをするときに、顔だけでやめてしまうのではなく、からさらにデコルテまで範囲を広げて化粧品をたっぷりつけて潤いを与えることが必要です。

さらに、リンパマッサージもとても効果的です。これをすると、しわだけではなく、顔のむくみにも効くので、すっきり小顔になれます。お風呂やサウナ、またはお風呂上りにぜひ、やってみてください。

@ クリームを手にとり、小さい円をいくつも描くようにして全体からデコルテにかけて塗る
A 耳の下のへこんだ部分(耳下腺)を指でプッシュ
B 指先全体を使って老廃物を流す気持ちで、耳の下からの側面に沿って鎖骨へと撫で下ろす
C 鎖骨のくぼみに指を入れ、内から外へ老廃物を押し出すようにプッシュ
D 鎖骨からさらに脇の下のリンパ節へと老廃物を押し流し、最後に脇の下のリンパ節をギュっと指圧

これを続けると、からデコルテがツヤツヤになり、血色も良くなり、しわも取れてきます。しわは毎日コツコツ長く続けないと取れてきませんが、お肌ツヤツヤ&血行については即効性があるのでデコルテを大胆に見せる洋服を着るときなどにはうってつけのマッサージです。ウエディングドレスを美しく着こなしたい、花嫁前の女性には特にお薦めですよ!

おでこのしわ原因

首のしわ改善





地球上で生活していると紫外線は避けられません。春夏秋冬、晴れていても曇っていても、紫外線は絶えず降り注いでいます。こうした毎日の紫外線によって、肌のコラーゲンが着々と失われていきます。コラーゲンが失われると肌の弾力が失われ、やがてしわへとつながっていきます。しわ改善のお手入れは以下からすぐにでも始めなくてはなりません!!

しわを改善するには、まずは顔のたるみの予防からです。「しわを取りたいのに顔??」と思われるかもしれませんが、皮膚はから顔、さらには頭まで一枚でつながっているのですから、全体的に見なければなりません。

顔の筋肉は無表情でいると使われずにどんどん衰えていきます。私は朝起きてすぐに「アーエーイーオーウー」とゆっくり言ったり、笑顔を作って5秒キープなどを毎日やるようにしています。日ごろから顔の筋肉を意識的に動かして、たるみを防止しましょう。

についても同じ事が言えます。しわは、日常的に使われる機会が少ない筋肉の衰えからできてきます。ですから、の筋肉を意識するエクササイズを行うことによって改善できます。一つ紹介しましょう。

@ 両手を頬にあて、ひじをぴったり合わせます。
A あごをひいたまま動かさず、ひじだけを上げて5秒数えます。

やっているときは、血が頭に上った感じで、下膨れのヘンな顔になりますが、の辺りに力が入って筋肉が硬くなっていることに気づくと思います。このあたりの筋肉は意識しないと普段はほとんど使いませんよね。これでかなりの筋肉が鍛えられます。そしてにハリが出て、しわの改善になります。慣れないうちにあんまりやっていると筋肉痛になってしまいますので気をつけてくださいね(笑)。

入浴中に石鹸をつけて、または乳液やクリームなどでマッサージするのもかなり効果的です。

美容整形やエステなど、体の外側から手を加える方法は他にもたくさんありますが、内側からのアプローチもとても大切です。

つまり、食品からいろいろな成分を補うこともできるのです。コラーゲンやたんぱく質の多い食品をとるように心がけるといいですね。お料理も工夫してみましょう。

おでこのしわ原因

首のしわ解消経絡ストレッチ





は手と並んで、年齢を隠せない部分です。顔はメイクである程度しわやしみを隠せますが、はそうもいきません。

しわの原因にはリンパの流れの停滞が大きいです。リンパの流れが滞ると、の前面がたるんでしわになったり、ざらついていぼのようなものができたりすることもあります。

もちろん加齢という避けられない原因もありますが、それに加えて日常生活における姿勢の悪さが老化を早めているということにお気づきでしたか??前かがみの姿勢は、胸と胃を圧迫し、骨盤もゆがんで内臓の循環を悪くします。

まずは姿勢を正してリンパの流れをよくし、老廃物をためないようにすることが大切です。ちょっと鏡を見てみてください。バレリーナのようにのどを引き上げてあごを上げてみると、しわもなくなったでしょう?この状態が理想です。

それから、経絡(体内エネルギーの通路で、ツボとツボを結んだ線)の気の流れをよくすることも効果的です。排泄や水分代謝をつかさどる「大腸経」の気の流れをよくするとしわ解消されていいきます。この「大腸経」とは、手の人差し指から始まり、手→ひじ→肩と腕の外側を通ります。そこから二股に分かれ、一方は下の歯から鼻孔の脇に、もう一方は胸→肺→横隔膜→大腸とめぐります。この気が滞ると、に老廃物がたまり、脂肪がつきやすくなるのです。

大腸経ストレッチは座ってできます。

@ まずは姿勢を正します。肩甲骨を寄せ、胸を張り、おへそを上の引き伸ばすように腰を起こしてください。

A 人差し指をしっかり伸ばし、手のひらを外側に向けてゆっくり上に上げていきます。このとき、人差し指以外は力を抜いてください。

B 親指は開いて人差し指を下に向けて、息を吐きながらゆっくり腕を下ろします。左右の肩甲骨をの後ろで中心に寄せて、下におろす気持ちで。

このストレッチは背筋も伸びて気持ちいいですよ。お手軽なのでオフィスでも家でもやってみてください。

おでこのしわ原因

首のしわを取る日常の対策





にたった1本でもしわがあると、とても老けた印象に見えてしまいます。コンプレックスを感じていてもなかなかメークでごまかすこともできないので、厄介なものです。

しわの原因はひとつではなく、加齢による皮膚のたるみ、枕が合っていない、など様々な要因が考えられています。しわ解消には、内から、素肌からの改善が必要です。そのためには一つ一つの原因に応じたケアを毎日コツコツ行いましょう。

自宅で簡単にできる方法をご紹介しますのでぜひやってみてください。

まず基本としては、顔に使った化粧品を、あごの下程度で終わらせるのではなく、から鎖骨に向けて大胆に伸ばしてください。このためには当然、「基礎ケア」の段階では服を完全に着てしまわず、上半身裸かもしくはスリップくらいにして、鎖骨が出た状態で行って下さい。

またリンパマッサージも効果的です。リンパの流れが滞って老廃物がたまると、皮膚の活力が減退し、たるみの原因になり、それがしわにつながっていきます。

耳の後ろの少しへこんだ部分(耳下腺といいます)から鎖骨に向けて4本の指でなでおろし、老廃物を流します。鎖骨は“老廃物のゴミ箱”ともいえる部分で、ここにリンパの流れを持ってくることで老廃物が排除されていきます。毎日左右10回ずつ行ってください。続けていると、しわ解消されてくるだけでなく、あごも引き締まってきて、小顔になれます。

このとき注意することは、あまり力を入れすぎず、なでる程度の力でマッサージをすることです。力を入れすぎると逆にしわになってしまいます。

紫外線対策も重要です。日焼け止めクリーム+帽子や日傘でできる限り紫外線をカットしてください。「曇ってるから」とか「もう冬だから」とか言って油断していてはいけません。曇っていたって晴天時の70%は紫外線が届いています。冬だってもちろん紫外線は降り注いでいます。1年365日、ずーっと紫外線対策ですよ!!

それから、これは全ての美容に言えることですが、規則正しい生活は基本中の基本です。規則的な食事と睡眠、(現代においては難しいことですが)できるだけストレスをためないことがお肌の新陳代謝を高めます。

どれも簡単なことばかりです。とにかく続ければいいのです。しわのない美しいになった自分をイメージしながら少しずつでも毎日続けましょう。

おでこのしわ原因

首のしわ防止対策




のしわやたるみは加齢が原因でもありますが、ほとんどが姿勢の悪さによってできていることをご存知でしたか?

長年の悪い姿勢によってが曲がり、の前部分にしわができた状態をずっと続けると、そのしわは深く刻み込まれ、取れなくなってしまうのです。姿勢を良くするだけで劇的な変化が期待できます。

ここではのしわに効く姿勢をご紹介しましょう。

まず、姿勢を正しく立ち(または座り)ます。左右の肩甲骨を寄せるようなイメージで胸を張ります。たったこれだけでもが伸びます。次に鏡を見て、左右の鎖骨の真ん中とあごを結ぶ線がほぼ平面の正三角形になるように頭を起こします。この三角形が前につぶれた状態は、頭が下がり、にたるみやしわができている状態ですので、いつも正三角形をキープするようにします。慣れれば鏡を見なくても自然にできるようになります。

姿勢を良くする事は、のしわだけでなく、目にも腰にもいいですのでぜひ毎日姿勢を良くするように心がけてくださいね。

おでこのしわ原因

首のしわをとる簡単エクササイズ




まず、が緊張していると効果があまり出ませんので、エクササイズをする前には、お風呂に入ったり、蒸しタオルで周りをあたためたりして、リラックスして、皮膚も柔らかくしてから始めてください。

充分にリラックスできたら、さあ、始めましょう。

の位置は動かさずに、あごをゆっくり上に向けていきます。そしてくちびるを「ウー」と突き出すようにします。このとき呼吸は止めないように。常にゆっくりと呼吸を続けてください。肩の力も抜いてください。

くちびるを突き出している間は、しわやたるみが伸びていくのをイメージしてください。このイメージが大切です。「伸びてる伸びてるぅ〜」と意識することで断然効果が違います。ゆっくり3つ数えたらゆっくりと元の位置に戻します。これを3セット行ってください。リンパの流れがよくなって、しわやたるみだけでなくお肌の調子もよくなって、血色よくツヤツヤしてきます。

おでこのしわ原因

首のしわ解消マッサージ基本編




マッサージは毎日コツコツやってこそ成果が現れます。どんなに一生懸命やっても一日では何も変わりません。しわが取れて美しくなった自分のをイメージしながら根気よく続けましょう。少しずつでも毎日やれば必ず効果が出ます。努力は裏切られませんよ!

マッサージするときには摩擦で皮膚を傷めないように、必ず滑りがよくベタつかないクリームを塗りましょう。

@ クリームをの中央から外側へ向けて円を描くようになじませます
A 右で左の筋、左手で右の筋を、指全体や手のひらを使って下から上にそっと撫で上げます

全部を満遍なく撫でる感じです。これを1箇所につき5回ほど、全体で言うと20回ほど行ってください。そっとですよ、そおーっと。力強くこすると皮膚が伸びてしまい、かえってしわになってしまい本末転倒ですのでくれぐれも気をつけてくださいね。

おでこのしわ原因

気になる首のしわ




自分ではあまり気づかないけれど意外と人目につくのがしわしわがあるとかなり老けて見えてしまいます。は顔の影になって暗く汚く見えやすい部分です。お化粧はしないのに外に露出しているときが多く、顔と同じく常に紫外線や乾燥の影響を受けています。無防備で、とてもカバーのしにくい部分と言えます。

も顔と同じで、水分を失ってしまうとしわができやすくなります。しかも、は常に重い頭を支え、皮膚は柔らかいのに動きが激しい部分ですので、顔に比べて深く濃くなりがちです。

しわの原因は、これも顔と同じで紫外線や乾燥です。あなたはいつも紫外線や乾燥からを守っていますか?顔には紫外線防止クリームをつけた後にファンデーションを塗ったりして徹底した紫外線対策&乾燥対策をしているのに、には何もつけない、という人は少なくありません。美しいをGETするためにはにも顔と同レベルのスキンケアをする必要があります。もっとにも愛情と時間を注いであげてください!!

だからと言って「さあ、のお手入れよ!!」と意気込む必要はありません。日々の顔のお手入れの延長だと思って、顔のお手入れをそのままあごの下からへ流すように、範囲を広げてケアするといいですよ。が潤うと顔の表情もかなり違ってきますよ。

もちろん前だけではダメです。の横、後ろも抜かりなく!!髪をアップにすることがあるでしょう?そんなときに、「ヤバっ!」なんてことにならないために全体に気を配りましょう。

は顔より2〜4歳年をとっていると言われます。恐ろしいですねぇ・・・。日々のケアをしっかりとして、顔と同じ年齢をキープするように頑張りましょう。逆ににハリがあって美しいと、顔も若々しく見えてきます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。