首しわ解消マッサージでしわを取る方法
スポンサードリンク

おでこしわの解消法

おでこのしわの皮膚科的治療法




既にできてしまったおでこのしわに対しては自分のケアだけではすぐに解消されません。皮膚科や美容外科での治療が必要です。クリニックでのしわ治療は、メスを使う本格的な手術だけでなく、メスを使わず、短時間で終わる「プチ整形」といわれる簡単な治療もあります。これでもしわ解消は十分可能です。
ここではこの手軽な方法のほうをご紹介します。

おでこのしわを取る治療は、メスを使わず糸を通して皮膚を引っ張り上げる方法(フェイスリフト)、しわへのヒアルロン酸などの注入、しわをつくる筋肉の動きの抑制(ボトックス注入)、レーザーや光の刺激によるコラーゲン生成の促進、という4つに大別されます。

フェイスリフト
髪の生え際の目立たないところから糸を入れ、皮膚を引っ張るようにして止めることでしわ解消されます。ポニーテールをしてきつく髪を縛ると顔の皮膚が引っ張られて伸びますよね!?ちょうどあの要領です。

ヒアルロン酸注入
ヒアルロン酸は人の体内にもとから存在する自然の成分なので、従来の動物から採取するコラーゲン治療とは異なり、アレルギーや副作用の心配はほとんどありません。おでこのしわだけでなく、目の周りや口の周りなどいろいろなところのしわに有効です。治療時間もたったの5分程度。持続効果は約2年です。注入する箇所にあわせて3種類の濃度があります。

ボトックス注射
ボトックスとはボツリヌス菌から作られたタンパク質の一種です。「ボツリヌス菌」というと、致死性もあるほどの毒素で、ものすごく怖いイメージがありますが、医学的に正しく用いれば美容に有効な成分となりますので安心してください。ボツリヌス菌には筋肉の働きや汗の分泌を抑制する働きがあります。この性質を利用してしわをできにくくするのです。これも治療は短時間で済み、持続効果は半年〜2年です。安全で、アメリカでは施術実績がとても多い治療法です。

脂肪細胞移植
人間が本来持っている脂肪細胞自身の再生パワーを利用した新しい治療法です。お腹や太ももなどの脂肪の多い部分から自分の脂肪細胞を取り、しわの気になる部分に注射します。自分自身の細胞を使うので、拒絶反応がないだけでなく、持続効果も長いです。豊胸術にもこれと同じ治療法があります。


レーザー・光治療
人体に有害な紫外線や放射線を除去した光を照射し、その刺激によって、乱れたコラーゲンを正常化し、さらに再生を促す治療法です。この治療には即効性があります。細胞内水分量がすぐに増え、肌に潤いとハリが戻ります。治療期間は5・6ヶ月。回数にして4〜8回で改善されていきます。しわのひどいところにはヒアルロン酸注射と併用すると更に効果的です。

ただこの方法は、肌の弱い人の場合、赤くなったり痛くなったりすることがあります。最新の光治療法として、「医療用LEDダイオード」というものもあります。これだと施術後のお肌トラブルもなく、すぐにお化粧もできます。

医療用LEDダイオードには白・赤・青の3つの光があり、波長の違いによって効果が分かれます。白は皮膚の奥深くに到達するので深いしわやたるみ解消、赤は表皮のコラーゲンを活性化するので小じわや毛穴の開きの改善と肌のハリ、青は過剰な皮脂分泌を防ぐのでニキビに効果があります。

このように、本当にいろいろな治療法がありますので、クリニックの医師とよく相談してあなたに最適な方法でしわ解消し、美しくなってくださいね!


おでこしわの解消法

おでこのしわ解消のための化粧品とその使い方




しわに効果がある成分とは抗酸化物質を含むもの、または保湿力の高い天然成分です。具体的に挙げると、抗酸化作用成分としてトコフェロール(ビタミンC)、甘草フラボノイド、ローズマリーエキス、ヘチマエキス、キウイエキスなどです。天然保湿成分としてはアミノ酸、グルタミン酸、セレブロシド、セリン、グリシン、アラニン、リシン、トレオニン、プロリンなどです。

植物は自らが生きていくために優れた抗酸化機能を持っています。それを人間の私たちがスキンケアに利用するのです。ヘチマなんかは自宅で気軽に栽培もできるので自家製の添加物ゼロの化粧水を作ってもよいですね。
しわ解消したいなら、有効成分の入った化粧品を正しい順序&用法でつけることが重要です。タイミングとしては洗顔後や入浴直後が最適です。基本は「水性→油性」の順です。化粧品の品目で言うと「化粧水→美容液→乳液→クリーム」です。水分を肌に浸透させてからその後、その有効成分が蒸発してしまわないように油性のクリームなどで蓋をするのです。極端な乾燥肌の方は乳液やクリームよりもジェルのほうが肌に浸透しやすく、蓋の役目も果たしてくれるのでおすすめです。

ここで化粧品をつける時の重要ポイントをご紹介しましょう。

化粧水が肌の奥に浸透するまでには最低でも1分はかかりますので急いでパパっとつけるのではなく、ゆっくりと「奥まで届けぇ〜」という気持ちで、しわの気になるところに“入れて”いくようにしましょう。スプレータイプのものを使ってもいいですが、スプレーした後は必ず手で押さえるようにしてください。

多くの人がコットンに化粧水をしみこませて使っていると思いますが、コットンの摩擦で肌をいためてしまうこともありますので、手を使うことをおすすめします。自分の手で自分の肌を感じながらお手入れするのも大切なことです。極端に敏感肌でない方もぜひ手を使っていただきたいと思います。余談ですが私は身体を洗うときにも手で洗います。だって、顔は皆さん手で洗うでしょう?!なのに身体はどうしてスポンジやタオルを使うのでしょう??「○○を使うべきだ!」と思っているのは固定観念です。身体だって肌の調子を直に感じながら手で洗うと自分の身体にやさしくなれますし、肌を傷つけることもなくソフトに汚れだけを落とせますからとってもおすすめです。

化粧品のつけ方の話に戻って、クリームなどをつけるときはまず、手をこすり合わせるなどして暖めてからクリームを手のひらにまんべんなく広げます。そして頬からこめかみに向けて塗ります。さらに指四本で眉間から目、こめかみに広げ、眉間からおでこに伸ばします。髪も皮膚の一部ですから髪にクリームがついたって構いません。

指2・3本でこちょこちょっと塗るのではなくて、必ず手のひら、指全体を使ってまんべんなく顔に広げてください。とにかく基本は「内から外、下から上」です。正しい化粧品の塗り方を実行してしわ解消しましょう!

おでこしわの解消法

ボトックス注射でおでこのしわ解消





おでこにできてしまったしわを取る比較的手軽な方法に、美容整形クリニックで行うボトックス注射があります。神経伝達物質「アセチルコリン」が放出されると筋肉が縮み、それによってしわができるわけですが、ボトックスにはこのアセチルコリンを抑える作用があるため、直接注射することによって筋肉の収縮力が弱まり、しわができにくくなります。「毒素」と聞くとドキッとしますが、科学的・医学的に正しく用いれば、得られるものですので安心してください。特に、上を見たときにできるおでこのしわや眉間のしわなどに効果的です。しわの他に汗の分泌を抑制する作用もありますので、ワキガ治療にも使われます。

麻酔に30分ほどかかりますが、ボトックス注射自体は3分程度で終了します。通常、数箇所注射します。注射した部分は、蚊に刺されたように少し膨らみますが、15分くらいで目立たなくなります。しわは注射してから1〜7日程度で無くなります。ボトックスは注射した部分の周囲約1cmの範囲にしか作用しないため体の他の部位に影響を与える危険性もなく、安全です。また、少しずつ効果が出るので表情が激変することがなく、人に気づかれないうちに若返ることができます。

こうやって効果ばかりを述べているといいことばかりのような気がしてきますが、もちろんデメリットもあります。

ボトックスは4ヶ月ほどたつと効果が弱まってくるので、初めは4〜半年に1度、定期的に注射を受ける必要があるので面倒だし、費用もかかります。大体5万円〜というところです。もちろんこれは1箇所の料金。数箇所打ちますので、セット価格で10万円以上は覚悟しておいたほうがいいです。ただ、効果が消えてしまうということはデメリットでもありますが、効果が弱まってくれるので、仕上がりが気に入らなかったときに簡単に修正できる、ということも言えます。物事は考えようですね(笑)。

仕上がりが気に入って、その効果を長く維持するためには、効果が完全に切れてしまってからではなく、「効果が弱まってきたかな??」と感じ始めたころに再注射を受けてください。効果が完全に切れてしまうと、しわを作る筋肉が活動を再開し、それどころか困難に打ち勝った末、かえって鍛えられてしまいます。ちょうどいい感覚で続けていれば少しずつ効果が長く持つようになってきます。

この、注射の適度な間隔は非常に重要です。しわができるのが怖いあまり、頻繁に多量に打ちすぎると、目を開ける筋肉が弱くなり、眉毛も上げにくくなり、目が開きづらくなったり上が見えにくくなったりします。おでこ全体の筋肉をガッチリ止めてしまうと、蝋人形のような一定の表情だけしか作れないようになってしまいますので、眉の表情が作れる程度にとどめなくてはなりません。また、長期にわたって続けていると、抗体ができて、ボトックスが効かなくなる可能性もあります。このような点については、治療前にしっかりと、納得の行くまでドクターと相談してください。信頼のおけるクリニックとドクターの下で安全に美しくなってくださいね!

おでこしわの解消法

おでこのしわを美容整形で解消





おでこのしわが深く刻み込まれてしまうと、自分のケアだけでは対処できなくなってきます。そうなってくると、エステや美容整形でプロの施術を受ければ、早くしかも確実に効果が表れます。よく知られている方法はボトックスやヒアルロン酸の注入です。

ボトックス注入は、筋肉(表情筋)を弛緩させ、しわを作る動きそのものを止めて、その結果としてしわ解消する治療です。もうひとつのヒアルロン酸注入は、肌の潤い・弾力・柔軟性を保つ働きを持つヒアルロン酸を注入して、きてしまった“溝”を埋めていく治療です。

どちらも一週間以内に効果が表れ始めますが、永遠にしわが無くなるというものではありません。半年くらいで体内に吸収されてしまうので、また同じ施術を受けなくてはなりません。費用も手間もかかります。しかし、これだと「整形」というほどの大げさなものではないので比較的気軽に試せますから、一度クリニックのサイトなどをチェックしてみるのもいいでしょう。

一方、より本格的な解消法としては、フェイスリフトという方法もあります。これは糸と針を使う「手術」です。おでこのしわだけでなく、眉間の縦しわや目尻のしわとなどの解消にもなります。糸を使って顔全体を持ち上げるので、効果は一目瞭然で、すぐにしわが伸びたことを実感できると思います。「手術」と言っても目立たない場所を選んで針を入れますし、傷跡も針の穴程度の小さなものですので傷跡に関しては心配する必要はありません。昨今では日々技術が進化していますので、ほとんどの場合、日帰りでできます。

おでこのしわ解消したいと思う方は、自分のおでこのしわの状態とお財布状況に合わせて適切な解消方法を選ぶことが大切です。自分に合った方法でおでこのしわ解消し、若さを手に入れてください。

おでこしわの解消法

おでこのしわの消し方




おでこのしわが消えると、少なくとも5歳以上は若くみえると言われます。いつまでも若く美しくありたいと願う女性にとって、「5歳」は非常に大きいですよね!

おでこの表情筋は、目や眉を動かすのに使われています。試しに一度、目を大きく見開いてみてください。
おでこにしわができましたね!?このしわはいつも同じ場所にできるので、それがだんだんと深く刻まれていき、やがて消えないしわになっていくというわけです。

しわの原因で一番大きいのが紫外線です。それから、表情筋の衰えによって皮膚を支えられなくなって、顔がたるむことも原因です。

その他、目を大きく見せようとして、常に目を見開いたようにしていることも、深いおでこのしわにつながっていきます。また、表情が豊かな人もできやすいです。10代や20代前半ならその表情をやめればしわは消え、すぐに元のピンっと張ったおでこに戻るでしょうが、「お肌の曲がり角」を迎えたころから、そうは簡単に戻らなくなってきます。

おでこのしわは、浅くて細かいものであれば解消することは可能です。しわができるのがイヤだからといって、毎日無表情でいなくてもいいですよ(笑)。水分補給を中心としたいつものスキンケアに加えてマッサージや生活習慣の見直しをすることで軽減できます。

しかし、しわがかなり深く残ってしまっている場合は、自分で消すのは難しいです。エステや美容クリニックなどでのボトックス注射やヒアルロン酸注入などに頼る他はありません。

ある程度年齢を重ねた方は、エステと自己ケアとを上手にミックスさせてやっていくのが良いと思います。
エステに行くだけで満足してしまってはいけません。必ず自宅での毎日のケアを忘れないようにしてくださいね。「いつまでも美しくありたい!」という気持ちで努力すれば、お肌は必ずそれに答えてくれるはずです。

おでこしわの解消法

男のおでこしわとケア




女性は一本のしわに一喜一憂していますが、一般的に言って男性は顔のケアに無頓着です。ですが最近の若い男性の間にはエステに通う人もいて、男のスキンケアも注目されつつあります。

男性だって同じ人間、何もケアしないでいると、しわもできるし、お肌もたるみます。「男は顔じゃない!」とは言ってみても、やはり女性は、しわだらけとか毛穴が目立ってたるんでいる男性より、ちゃんと顔のケアをして、ツヤツヤして弾力のある肌の男性のほうを好みます。エステにまで通えとはいいませんが、最低限、自分でできる程度のケアはしてください。女性にモテるモテないは別として、男性もいつまでも若々しくありたいでしょう?!

おでこのしわの天敵はなんと言っても紫外線です。男性の場合、日傘を差すのはかっこ悪いと感じる方が大多数だと思いますので、無理してささなくてもいいです。逆に、私は女性として、日傘を差している男性なんてはっきり言って“引き”ます(笑)。男性はある程度日に焼けて小麦色の肌のほうが魅力的ですので、あまりに極端に太陽を避ける必要はありませんがその分、日焼け止めクリームを塗るとか、お風呂上りに化粧水をつけて肌に潤いを与えるとかの日常のケアを大切にしてください。常日頃から肌に水分を十分与えるなどケアをすることでしわができにくくすることは可能です。そして、マッサージをして顔の筋肉も活性化させてあげてください。

マッサージはなにも女性だけがするものではありませんよ。お風呂に入ったときとか一人になれる空間でやれば恥ずかしいことなんてありません。男性も自分の顔にもう少し興味を持ち、日々のケアを頑張ってくださいね!

おでこしわの解消法

おでこのしわの取りのために心がけること




おでこのしわは、上目遣いをよくするクセのある方に多く見られます。普段の表情のクセはなかなか直すのが難しいですが、意識的に注意するようにしてください。

おでこのしわがかなり深くなってしまった方にはレーザーを当てて真皮の細胞を刺激する方法もありますが、年配の方は肌細胞自身の力が衰えてきていますので、外からの刺激だけでしわ解消する効果はあまり期待できません。それよりも美容整形によるコラーゲン注射など、内側から働きかける方法のほうがいいでしょう。

おでこのしわの原因として大部分を占めているのは紫外線ですので、日々の紫外線対策は非常に重要です。
また、それとともに毎日心がけていただきたいのは、保湿と休憩です。保湿は、言うまでもなく、化粧水などでお肌に水分を与えることです。そして休憩とは、おでこのしわが現われない時間をなるべく多く作ることです。たとえば、冒頭で申し上げたように、上目遣いの表情を避けることもひとつですし、目を閉じる時間を意識して作ることもひとつです。目を閉じるとおでこの筋肉を休ませてあげることができます。保湿と休息を同時に行う方法としては、たっぷりの化粧水を含ませたコットンなどを瞼の上とおでこに乗せ、3分ほど目を閉じる、という方法です。簡単ですがこれだけで、お肌はずいぶん休まり、水分も吸収されます。ただ、注意していただきたいのは、コットンが乾いてしまうほどやらないことです。コットンが乾いてしまうと、今度はせっかくお肌に入っていった水分が蒸発してしまい、かえって乾燥してしまいます。コットンがまだ少し湿っている状態で止めるのがポイントです。

化粧水で水分を与えた後は、クリームを塗ってふたをして蒸発を防ぎます。クリームを塗るときは内から外に、下から上に、しわを伸ばす方向を意識してマッサージしながら塗りましょう。この方向は、毎日の洗顔や化粧水をつけるときも同じです。

そしてこのようなケアをした上で十分な睡眠を取ってください。寝不足は美容の大敵ですよ!

おでこしわの解消法

おでこのしわ取りマッサージ





おでこは顔の中でも結構幅広い部分を占めているので、気になりますよね。とくにファンデーションをつけたときなんか…。ここではおでこのしわ解消するマッサージを紹介します。

おでこのしわができる原因は乾燥や老化なのですが、その他に、皮膚が硬くなってしまうことも挙げられます。皮膚が硬いから、一度入ってしまった線がそこに刻み込まれてしまうのです。ということで、硬くなった皮膚をほぐすことによっておでこのしわ解消しよう、というのがこれから紹介するマッサージです。

@ 頭の後頭部のあたりで両手を組み、上下に5回・左右に5回頭皮を動かします
A 両手でおでこの上の部分を引っ張るように動かします。この時に呼吸も合わて、引っ張るときに息を吸い、力を緩めた時に息を吐くようにすると更に効果的です。これを3回繰り返します。

たったこれだけです。「おでこは顔」と思われているかもしれませんが、顔と頭皮は一枚でつながっています。おでこをやわらかくほぐすためには頭皮からマッサージしてやわらかくしなければなりません。今、ヘッドスパが流行っていますよね。機会があればこれも試してみられると良いと思います。頭だけのマッサージなのに、顔の血流も良くなり、皮膚が柔らかくなった感じがします。人間の身体は「トータルケア」が重要なのですね。

おでこしわの解消法

おでこのしわの原因




おでこのしわというのは、いつとははっきり分からないけれど、気が付いたらできていて、それからは気になっていろいろやってみるのですが、なかなか解消できない厄介なものですよね。

おでこのしわの原因は空気の乾燥や紫外線によるお肌の乾燥です。基本的には横何本かの線ができるものですが、縦にできる人もいます。私の場合はもっと特別で、全体的に細かく波打つように線が入っていて、人と少し違うので更に悩みの種です。あと、眉間のしわもおでこのしわの一部と考えてよいと思います。眉間のしわは人相も悪くなるので、特に女性は絶対消したいですよね!

おでこのしわだけの話ではありませんが、しわには浅いものと深いものがあります。もちろん、深くなればなるほど治療は難しくなります。今おでこにしわがある人はそれ以上深くならないようにケアする必要があります。それも毎日。しわは一日でできるものではないのですから、それを消すのも一日ではできません。

とにかくできることを毎日コツコツ積み重ねていきましょう。加齢をとめることはできませんが、必要な水分を毎日お肌に与えてあげることで、肌細胞の老化を遅らせることはできます。また、原因物質として大きいのはなんと言っても紫外線です。顔を紫外線に当てたくないからといって、覆面をつけて出歩くなんてことはできませんが、UVカットクリームや帽子・日傘などを駆使して、紫外線を徹底的にシャットアウトしましょう。

おでこしわの解消法

おでこのしわの取り方




おでこのしわの取り方を考える前に、まずはおでこのしわの原因について知っておく必要があります。「まずは敵を知れ」です。原因を特定することでより効果の高いしわの消し方が見つかります。

おでこに限らず、しわは乾燥や皮膚の老化が原因です。おでこのしわの場合、皮膚の表面(表皮)だけではなく、その奥の真皮の部分からしわになっていることが多いです。よって、この真皮の部分のケアがしっかりできていないと、おでこのしわは取れません。

しわの程度がまだ浅いなら、美容液を使って自分でケアする方法があります。「美容液くらいならいつも使ってるわ」と思っている方もいらっしゃると思いますが、使う順番が重要ですのでぜひ知っておいてください。

正しい順番は「化粧水→美容液→乳液」です。美容液は真皮に栄養を与えるもので、おでこのしわ解消するのに効果的なものですが、先に乳液やクリームなどの油分を含んだものをつけてしまうと、その油分によって肌がガードされてしまい、有効成分が吸収されなくなってしまいます。化粧水で肌に潤いを与えて肌が柔らかくなったところに美容液を注いで染み込ませ、そのあと、その有効成分が外に出て行ってしまわないようにクリームなどで蓋をする、というのが正しい方法です。

おでこのしわが深く強く刻まれてしまっている方は、自分でのケアでは効果がなかなか現れませんので、美容整形などの医療機関に相談してみるのも良いでしょう。費用はそれなりにかかりますが、プロが相談&施術してくれるので効果は高いです。各医院によって施術方法や費用はまちまちですから、いろいろなサイトを見て比較し、実際にいくつか複数の医院に相談に行かれるとよいでしょう。相談はどこでも無料ですから、納得のいく医院を見つけるまでいろいろなところに行ってみて下さい。とにかく、おでこのしわ解消には正しい知識を持った上でケアすることが大切です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。